安い新幹線【新横浜から新大阪20,800円】格安チケットと料金

新大阪ー新横浜の新幹線には格安チケットがいくつかあります。

特に、旅行会社が販売する格安チケットを利用すると新幹線料金がかなり安くなります。

JRの窓口で買うと、新大阪ー新横浜の新幹線は14,390円。格安チケットを利用すると最大41%OFFになりますよ!

 

ここでは、大阪ー横浜をできるだけコストを抑えて移動したい人のために、格安新幹線の情報をまとめています。主な内容は以下の通りです。

新大阪ー新横浜の格安新幹線
  • 新大阪ー新横浜の新幹線格安チケット一覧
  • 片道なら「こだま格安チケット」、日帰りなら「日帰り新幹線」
  • 宿泊なら「新幹線パック」が最安
  • 条件別のおすすめ格安チケット
    (往復、宿泊、早割、学割など)
  • 大阪ー横浜の格安新幹線Q&A

 

新大阪ー新横浜【格安9,980円〜】新幹線の格安チケット

まずは、新大阪ー新横浜の新幹線料金をわかりやすいように安い順に並べておきます。

【新大阪ー新横浜】新幹線料金一覧(片道)

新大阪ー新横浜の片道料金(乗車券+特急券)です。

  1.     9,980円 ー EXこだまファミリー早特3
  2.   11,000円 ー ぷらっとこだま
  3.   11,900円 ー EX早特28ワイド
  4.   12,030円 ー EX早特21ワイド
  5.   12,230円 ー EXのぞみファミリー早特3
  6.   13,540円 ー 自由席(スマートEX)
  7.   13,540円 ー 自由席
  8.   13,580円 ー EX予約・e特急券
    ※ひかり・こだま
  9.   13,540円 ー 回数券(=金券ショップ)
    ※販売終了
  10.   13,870円 ー ひかり・こだま(スマートEX)
  11.   13,900円 ー EX予約・e特急券
    ※のぞみ指定席
  12.   14,070円 ー ひかり・こだま
  13.   14,190円 ー のぞみ(スマートEX)
  14.   14,390円 ー のぞみ

【新大阪ー新横浜】新幹線料金一覧(往復)

宿泊セットや日帰り限定の新幹線パックなど、往復に特化した商品もあるので、往復する場合はこれらを利用すると料金がさらに格安になります。

これらも含めて、新大阪ー新横浜の往復料金を一覧にしておきます。

※往復割引は適用なし

新横浜駅ー新大阪駅 片道 往復
EXこだま
ファミリー早特3
9,980円 19,960円
日帰り新幹線
※日帰り限定
20,800円〜
ぷらっとこだま 11,000円 22,000円
新幹線パック 22,500円〜
※1泊宿代込
EX早特28ワイド 11,900円 23,800円
EX早特21ワイド 12,030円 24,060円
EXのぞみ
ファミリー早特3
12,230円 24,460円
回数券
(金券ショップ)
13,540円 27,080円
自由席
自由席(スマートEX)
13,540円 27,080円
EX予約・e特急券
(ひかり・こだま)
13,580円 26,580円
ひかり・こだま
(スマートEX)
13,870円 27,740円
EX予約・e特急券
(のぞみ)
13,900円 26,980円
ひかり・こだま 14,070円 28,140円
のぞみ(スマートEX) 14,190円 28,380円
のぞみ 14,390円 28,780円

 

料金半額も!【新大阪ー新横浜】格安新幹線チケットBEST3

新大阪ー新横浜の新幹線格安チケットおすすめBEST3はこちらです。

  1. EXこだまファミリー早特3
  2. 新幹線パック
  3. 日帰り新幹線

それぞれ利用条件、特長が違うけど、いずれも超格安。うまく利用しよう!

BEST❶ EXこだまファミリー早特3:片道の最安料金

新大阪ー新横浜の格安新幹線チケットで最安は「EXこだまファミリー早特3」です。

2名以上の利用でこだま乗車限定となりますが、EXこだまファミリー早特3を利用すれば、新大阪ー新横浜間を9,980円。片道1万円以下です。

新大阪ー新横浜の通常料金が14,390円ですので、約41%OFFです。かなり割安です。

ポイント・メリット
  • 新大阪ー新横浜の新幹線の最安値
  • 新大阪ー新横浜:片道9,980円〜
  • 通常料金の41%OFF
  • ネットで3日前まで予約可
  • 2名以上の利用限定

EXこだまファミリー早特3の利用条件にマッチしない人は、ぷらっとこだまを利用するといいです。1人でもOK、前日までの予約でOKです。

こだまの乗車に限られますが、コスト最優先の人には人気の格安チケットです。

BEST❷ 新幹線パック:往復+宿泊なら実質半額以下

大阪ー横浜の往復なら「新幹線パック」です。
新幹線チケットと宿泊がセットになった旅行商品で、往復料金が劇的に安くなります。新幹線チケットの料金だけでみれば、実質半額以下です。

ポイント・メリット
  • 新幹線チケット+宿泊セットで激安
  • 大阪ー横浜:往復24,900円〜
  • ネット予約、チケットは駅で受け取り
  • 予約時に座席指定、一人利用OK
  • のぞみ乗車も可
  • 前日まで予約可
    ※条件によっては当日予約もOK

新幹線パック(新大阪ー新横浜)

日帰り往復なら下記の「日帰り新幹線」を利用してください。

BEST❸ 日帰り往復なら「日帰り新幹線」も便利

新横浜ー大阪を日帰りする場合は「日帰り新幹線」を利用するのがお得です。

ポイント・メリット
  • 横浜ー大阪の新幹線日帰り往復が格安
  • 新横浜ー新大阪:往復20,800円〜
  • ネット予約、チケットは駅で受け取り
  • 予約時に座席指定、一人利用OK
  • 前日まで予約可
  • のぞみ号乗車
  • 観光特典付き

日帰り新幹線

乗車便の制限などありますが、とにかく新横浜ー大阪間を安く日帰り往復したい人には最適です。

横浜ー大阪の日帰り新幹線についてはこちらで詳しくまとめています。
関連ページ:格安新幹線【大阪-横浜】日帰り8000円往復割引!新横浜から新大阪20,800円(日帰り)

 

一人でも使える「ぷらっとこだま」は不動の人気格安チケット

上述の通り、「EXこだまファミリー早特3」は2名以上の利用限定なので、一人の場合は利用できません。一人旅の人には「ぷらっとこだま」がおすすめです。

  • ぷらっとこだま:10,900円

「ぷらっとこだま」の特長は下記の通り。

  • 東海道新幹線(新横浜〜大阪)が格安
  • こだま乗車+1ドリンク付
  • 前日まで購入可能
  • 指定席乗車
  • 片道/往復、上り/下り利用可
  • 一人から利用可

一人でもOKという点が大きなメリットで、昔から人気の高い格安チケットです。

ぷらっとこだまについてはこちらで詳しくまとめています。
関連ページ:ぷらっとこだまの料金《2024年料金表》往復は往復割引で格安に?

 

コスパ重視の格安チケットはのぞみの早割「EX早特28ワイド」「EX早特21ワイド」

こだまが安いのはわかったけど、やっぱり遅いから「のぞみ」がいい、という人は「EX早特28ワイド」「EX早特21ワイド」がおすすめです。のぞみ乗車で最安です。

速くて安い、コスパの良い格安チケットです。

EX早特28ワイド、EX早特21ワイドは会員限定の早割チケットで、それぞれ21〜28日前までの予約が必要ですが、料金は下記の通り格安です。

[aside type=”boader”]
  • EX早特28ワイド:11,900円
  • EX早特21ワイド:12,030円
[/aside]

21〜28日前までの予約を決めるのは多くの人にとって難しいかもしれません。その場合は、「EXのぞみファミリー早特3」を利用するのがいいでしょう。

 

最もお手軽な格安術!当日でもOK ⇒ 自由席に乗る

自由席に乗ると新幹線は安くなります。

  • 自由席:13,540円

新大阪ー新横浜の場合、自由席の料金は一律13,540円。これだけで指定席より850円も安くなります。自由席なら、のぞみ・ひかり、どれに乗っても料金は同じです。

割引率は約6.3%にもなりますので、お手軽かつ効果的な格安術です。

自由席は席の確保が心配になりますが、新大阪から乗車の場合は新大阪発の新幹線を選べば必ず座れます。

 

指定席料金がちょい安に ⇒ 「ひかり・こだま」に乗る

指定席でかつ格安がいい、という人は「ひかり」「こだま」に乗車しましょう。

  • 「ひかり・こだま」指定席:14,070円

「のぞみ」より320円安くなります。

「のぞみ」で新大阪ー新横浜は約2時間5分。一方「ひかり・こだま」では約2時間40分〜3時間40分くらいかかります。

 

こども料金が格安!子連れ旅行にメリットしかない ⇒ こだま指定席きっぷ

通年で利用できる格安チケットが「こだま指定席きっぷ」です。

  • こだま指定席きっぷ:4,600円

以前は、新大阪ー新横浜が3,870円と最安チケットだったのですが、残念ながら大幅に値上げされてしまいました。コロナ禍によるJR西の経営悪化が原因です。

例に漏れず、新大阪ー新横浜間も以前の3,780円から4600円に値上げされました。こだま指定席きっぷを使う理由がなくなってしまったので、バリ得こだまやトクトクこだまを利用した方がいいでしょう。

こども連れならまだ利用価値あり

しかし、「こだま指定席きっぷ」はまだ利用価値があります。こだま指定席きっぷのメリットは、こどもが一律料金という点です。区間関係なく一律1,500円です。小学生連れのファミリーにはメリットしかありません。

ただし、2名以上が同一行程で利用する場合に限ります。前日まで購入できますが、列車の変更などはできません。JR西日本ネット予約「e5489」でのみ購入できます。「こだま」および一部の「ひかり」の指定席が利用できます。

 

定番の格安手段 ⇒ 金券ショップで格安チケットを買う

※新大阪ー新横浜の新幹線回数券は2021年10月31日を以て終了しました。

金券ショップで販売されている「格安チケット」は回数券のバラ売りです。

  • 金券ショップ:13,540円

新大阪ー新横浜間の場合、回数券は指定席のみです。格安チケット=金券ショップというイメージの人が多いかもしれませんが、実際はそれほど割引率は高くありません。

バラ売り回数券は、払い戻しができないことと、繁忙時(GW、お盆、年末年始)に使えないので注意してください。

価格は店によって多少ばらつきがあります。

 

誰でもできる格安手段 ⇒ JR窓口で回数券を買う

※新大阪ー新横浜の新幹線回数券は2021年10月31日を以て終了しました。

JR窓口で回数券を買うこともできます。回数券は6枚つづり。

  • 指定席回数券:13,540円

6枚セットで81,240円。回数券は3ヶ月間有効です。

新大阪ー新横浜を頻繁に利用する人、もしくは家族や友達と利用する人なら、金券ショップにいかずともJR窓口で買うのもいいでしょう。

回数券の割引率は約6,2%。金券ショップでこれより安く買えるなら、そちらのほうがいいかもしれません。

 

指定席料金が200円引き ⇒ スマートEX

スマートEXは東海道・山陽新幹線のインターネット予約システムです。無料で誰でも利用可。

  • スマートEX指定席:14,190円(のぞみ)
  • スマートEX指定席:14,070円(ひかり・こだま)
  • スマートEX自由席:13,540円

利用にはクレジットカードが必要です。また、交通系ICカード(Suica、TOICA、ICOCAなど)があれば、チケットレスサービスも利用できます。

スマートEXサービスを使うと、東海道・山陽新幹線の指定席が通常価格の200円引きで利用できます。自由席は通常価格と同価格で13,540円となり、割引はありません。

 

会員限定の格安料金 ⇒ エクスプレス予約(EX予約)

エクスプレス予約(EX予約)は、東海道・山陽新幹線の有料会員制インターネット予約です。

  • エクスプレス予約(EX予約):13,900円(のぞみ)
  • エクスプレス予約(EX予約):13,580円(ひかり・こだま)

年会費1,000円のEX会員になると利用できます。EX予約だと新大阪ー新横浜の指定席が13,900円〜になります。

残念ながら、EX予約は2023年9月に大幅値上げされ改悪となりました。年会費1,000を払ってまでEX会員になるかは微妙なラインとなりました。

 

会員限定の格安特急券 ⇒ e特急券・eきっぷ

e特急券はEX会員が利用できる特急券、eきっぷはJ-WESTカードやJQ CARD会員を対象とした格安特急券です。

  • e特急券・eきっぷ:13,900円(のぞみ)
  • e特急券・eきっぷ:13,580円(ひかり・こだま)

いずれも特急券のみの販売で、乗車券は別に購入して組み合わせて利用します。e特急券・eきっぷを利用すると新大阪ー新横浜の指定席が13,900円〜になります。

上述のエクスプレス予約と同料金だからエクスプレス予約で良くない?と思う人もいるでしょう。この格安特急券の何がいいかというと、乗車券の割引(障害者割引や学割)と組み合わせて使える点です。

こちらもEX予約と同様、2023年9月に大幅値上げされ改悪となりました。

 

宿泊ありの旅程なら最強 ⇒ 新幹線+ホテルパック

新幹線+ホテルパック(新幹線パック)は、新幹線チケットとホテル宿泊がセットになった旅行商品です。

  • 新幹線パック:22,500円〜(宿泊代込み)

新幹線で往復かつ宿泊ありの旅行なら「新幹線パック」が最強です。

新横浜ー新大阪の新幹線往復は通常料金で28,780円。一方、新幹線パックは宿代込みで22,500円〜。

比較にならないくらい安いので、新幹線往復+宿泊の旅程なら真っ先に「新幹線パック」を検討してください。

新幹線パック(新大阪ー新横浜)

 

日帰り往復料金が格安に ⇒ 日帰り新幹線

日帰りに特化した新幹線パックも用意されています。

  • 新大阪から新横浜:20,800円〜
  • 新横浜から新大阪:21,000円〜

大阪から横浜、または新横浜から大阪の日帰りを考えている人は、旅行会社から日帰りの新幹線ツアー商品が販売されていることがあるので、これを利用するとお得です。

ツアーといっても集合などはないので自由度は高く、新幹線の往復チケットだけを格安料金で購入できます。

また、日帰り観光用に設定されているツアー商品なので、各種クーポン等の割引特典がついてくるのも大きなポイントです。

日帰り新幹線

 

大阪ー新横浜の格安新幹線Q&A(よくある質問)

よくある疑問・質問をまとめたよ!

新大阪ー新横浜間は往復割引は使えないの?

601km以上の区間であれば往復割引が適用されるのですが、新横浜ー新大阪間は601km未満のため「往復割引適用外」です。

新大阪から新横浜/新横浜から新大阪、新幹線の料金は同じ?

JRの新幹線料金は、上り(大阪から新横浜)も下り(新横浜から大阪)も全く同額です。ただし、旅行会社各社から販売される格安チケットには、大阪発(上り)のみの設定や、上り・下りで料金が異なる商品もあります。

他にも大阪ー新横浜の格安チケットはたくさんあるの?

ないです。
「トクトクこだま」「バリ得こだま山陽版」以外、これまで見たことがありません。

学割は安いの?

学割は乗車券が2割引になります。
学割は学生にとっては大きな味方と思いがちですが、コスト重視なら格安チケットを利用した方が安くなるケースが多いです。

当日OK?直前でも予約できる新横浜ー新大阪の新幹線は

当日だと格安チケットはないです。
基本的には通常料金となりますが、EX会員ならEX予約などで乗車4分前までチケット予約できます。それ以外は、金券ショップに走って回数券を買うくらいしかありません。あとは、自由席を選ぶなり、スマートEXで200円安くするくらいしか手段はありません。
平日なら新幹線パックが当日の乗車6時間前まで予約できるので、往復+宿泊の人はこれを使いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です