大阪ー東京の新幹線を安く買う方法(最安は10,080円)!安い格安チケットを一挙紹介

大阪ー東京の新幹線を安く買う方法はたくさんあります。

東京ー新大阪間の新幹線格安チケットを一挙にまとめました。

全て網羅できているハズです!

東京ー大阪の新幹線|格安チケット・安く買う方法一覧

東京ー大阪の新幹線格安チケットをお得度の高い順に並べるとこうなります。

一つずつ詳しく解説していきます。

東京ー新大阪の新幹線料金に関してはこちらでまとめています。
関連ページ:東京ー新大阪の新幹線料金

 

新幹線+ホテルパック

東京ー大阪は往復で宿泊予定があるなら「新幹線+ホテルパック」がイチオシです。

旅行会社から販売されている旅行商品で、新幹線とホテルをセットで予約することで割引率が最も高くなります。

「新幹線+ホテルパック」
  • 東京ー大阪の新幹線+ホテルが格安!往復25,800円〜
  • 前日まで予約可能
  • ネット予約限定
  • 1人でも利用可能
  • 座席指定可
  • 往復「のぞみ」乗車

新幹線+ホテルパック

例えば通常、東京ー大阪は往復で29,400円(のぞみ普通指定席)ですが、「新幹線+ホテルパック」を利用すると新幹線+ホテル代込みで25,800円〜になります。

新幹線+ホテルパックの詳細はこちらでまとめています。
関連ページ:

 

日帰り新幹線

東京ー大阪を日帰りする場合は、「日帰り新幹線」がおすすめです。

「日帰り新幹線」は日帰りに特化した旅行商品で、往復の新幹線料金が格安です。JTBなどの旅行代理店から販売されています。

日帰り新幹線
  • 東京ー大阪の新幹線日帰りが格安!往復21,400円〜
  • 前日まで予約可能
  • ネット予約限定
  • 1人でも利用可能
  • 座席指定可
  • 往復「のぞみ」乗車
  • お得な観光特典付き(クーポン、施設入場券など)

JTB「日帰り新幹線」

JRの商品ではないので、駅の券売機・みどりの窓口では購入できないので要注意です。

日帰り新幹線の詳細はこちらでまとめています。
関連ページ:格安新幹線【大阪-東京】日帰り8000円割引!大阪から東京21,400円(日帰り)

 

EXこだまファミリー早特3

東京ー大阪の移動に「こだま」の格安チケットを利用すると料金を安くできます。時間を犠牲にできる人は「EXこだまファミリー早特3」がおすすめです。

利用にあたって制限が多いので使い方が難しいチケットですが、条件がマッチすれば強い味方となります。

EXこだまファミリー早特3
  • 安い(東京ー新大阪10,080円)
  • こだま指定席限定
  • 時間がかかる(東京ー新大阪:約4時間)
  • 3日前まで購入可能(Web予約)
  • 片道/往復、上り/下り利用可
  • 2人以上の利用限定

“ファミリー”という名称の通り家族連れを想定した割引チケットですが、必ずしも家族旅行である必要はありません。

2人以上限定&3日前までの予約という点は要注意をつけてください。

 

ぷらっとこだま

こだまで一人旅の人には「ぷらっとこだま」がおすすめです。

JR東海ツアーズが販売する東海道新幹線(東京〜大阪)の人気の格安チケットです。

ぷらっとこだま
  • 安い(東京ー新大阪11,100円)
  • こだま乗車+1ドリンク付
  • 時間がかかる(東京ー新大阪:約4時間)
  • 前日まで購入可能
  • 指定席乗車
  • 片道/往復、上り/下り利用可
  • 一人から利用可

一人でもOKという点が大きなメリットですね。

ぷらっとこだまについてはこちらで詳しくまとめています。
関連ページ:ぷらっとこだまの料金《2024年料金表》往復は往復割引で格安に?

 

EX早特28ワイド

のぞみの格安チケットで最安が「EX早特28ワイド」です。

いわゆる「早割」で、28日前までの予約で新幹線のぞみが激安です。

EX早特28ワイド
  • のぞみに安く乗れる(東京ー新大阪12,240円)
  • 28日前までに要予約
  • EX会員・スマートEX会員限定
  • 指定席乗車
  • 一人から利用可

28日前予約なので使い方が難しいですが、あらかじめ先の予定が決まっている人にとっては、とてもお得なチケットです。

28日前が難しい人には、後述の「EX早特21ワイド」や「EXのぞみファミリー早特」もあります。

 

EX早特21ワイド

「EX早特28ワイド」と同様、のぞみの早割格安チケットです。

こちらは21日前予約。

EX早特21ワイド
  • のぞみに安く乗れる(東京ー新大阪12,370円)
  • 21日前までに要予約
  • EX会員・スマートEX会員限定
  • 指定席乗車
  • 一人から利用可

 

EXのぞみファミリー早特3

EXのぞみファミリー早特3は名称の通り、新幹線のぞみに乗車可能な早特きっぷです。のぞみ料金が格安になります。

基本、週末の家族旅行などを想定した格安チケットで利用にあたって制約も多くなります。席数も限られています。

EXのぞみファミリー早特3
  • のぞみに安く乗れる(東京ー新大阪12,570円)
  • 3日前までに要予約
  • EX会員・スマートEX会員限定
  • 指定席乗車
  • 2人以上の乗車
  • 土休日の乗車限定

 

自由席

格安チケットではありませんが、誰もが思いつく新幹線に安く乗る方法が「自由席に座る」でしょう。

東京ー新大阪なら指定席より850円安いです。しかも、時期・時間帯によっては指定席よりガラガラといった場合もあります。

自由席
  • 指定席より安い料金(東京ー新大阪13,870円)
  • 事前に準備する必要なし
  • 始発駅(東京、新大阪)なら待てば誰でも必ず座れる
  • 繁忙期(お盆・年末年始・GW)は地獄

エクスプレス予約(EX予約)

エクスプレス予約(EX予約)サービスはJRの有料会員サービスで、新幹線料金の割引が受けられます。

会員登録が必要で年会費は1,100円です。

エクスプレス予約(EX予約)
  • 新幹線が割引価格(東京ー新大阪14,320円)
  • 直前(乗車4分前)まで予約可
  • チケットレス乗車(EX-ICカード)
  • 早割チケット利用可
  • お盆・年末年始・GWもおトクな会員価格

2023年9月の値上げで残念ながら現在はコスパが悪いサービスとなりました。

自由席に座った方が安いという価格設定になってしまったので、正直なところ年会費を払ってまで利用するか悩みます。

 

e特急券

e特急券はEX会員のみが購入できる割引価格の新幹線「特急券」です。

新幹線⇔在来線の乗り換えがある場合などに有効です。

エクスプレス予約(EX予約)
  • 新幹線が割引価格(東京ー新大阪14,320円)
  • 直前(乗車4分前)まで予約可
  • 乗車券は別途購入
  • お盆・年末年始・GWもおトクな会員価格

乗車券は別途用意する必要があるのですが、うまく組み合わせると、e特急券+往復割引+学割のような3重割引も実現できます。

 

スマートEX

スマートEXはJRの会員サービスです。無料ですが登録は必要です。

EXアプリというスマホアプリから、いつでもどこでも簡単に新幹線の予約ができます。新幹線によく乗る人は登録だけでもしておいた方がいいです。

スマートEX
  • 新幹線料金が200円割引(東京ー新大阪14,520円)
  • アプリから新幹線予約
  • チケットレス乗車(交通系カードなど)
  • 早割チケット利用可
  • お盆・年末年始・GWもおトクな会員価格

スマートEXは登録さえしておけばEX早特などの早割が利用できるので、これ目的で利用している人も多いです。

 

学割・障害者割引

学割は乗車券が2割引、障害者割引は乗車券が半額になります(割引は「乗車券」のみです。特急券は割引対象ではないので要注意)。

料金(のぞみ指定席)は、新大阪ー東京ならそれぞれ12,930円(学割)、10,265円(障害者割引)です。

対象者は利用しても良いですが、上述した早割や格安チケットを利用した方が割引率が高い場合もあるので、料金を比較して安い方をとるのが賢いです。

学割・障害者割引を利用するには購入時に窓口に行かないといけないのが面倒ですね。

 

金券ショップの格安チケット

金券ショップで新幹線の格安チケットを安く買うというのが、ちょっとした小技でした。

しかし新幹線回数券が廃止された現在、金券ショップで手に入るのは株主優待券のみです。店によっては売っていない場合もあるので、金券ショップの旨みは大きく薄れています。

例えば、JR東海の株主優待券の場合、1枚につき1割の割引が受けられます。2枚利用した場合は2割引。

もちろん優待券を購入するコストが発生するので、割引額と差し引きを予め計算してメリットがありそうなら使ってみても良さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です